朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

地球発

クリックディープ旅

Vol.15 ベネチア

クロアチアのザグレブを夜の11時20分に発車した列車は、スロベニアを通過し、イタリアに入った。僕らはようやく、かつて社会主義に染まった国々を抜けた。ロシアの東端、ソヴィエツカヤ・ガバニを列車で出発して以来、トルコを除いたすべてが、かつては社会主義のエリアだった。列車に揺られた距離は1万8000キロを超えていた。ここから先は、スムーズに列車を乗り継いでいく旅が待っているような気がしていたが、世界はそう甘くないことをやがて知ることになる……。

しかしベネチアに降りた僕らの足どりは軽かった。なんたってイタリアなのである。

photo01

前へ 次へ

朝日に輝くアドリア海を思い焦がれていた……しかし、雨だった。小雨が海に舞っていた。朝7時30分。列車の窓にベネチアの街が映っていた。僕らはやっと西欧に入ってきた。この旅もそろそろ終盤にさしかかってきた。

※写真は2010年10月24日の取材で撮影したものです
※各国の現在の情勢については、外務省の海外安全ホームページなどでご確認ください

プロフィル

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「『格安エアライン』で個人旅行が変わる!」(講談社+α新書)、「鈍行列車のアジア旅」(双葉文庫)、「『生き場』を探す日本人」(平凡社)。

阿部稔哉(あべ・としや)

1965年生まれ。富士山のてっぺんからアフガニスタン一周まで下川 氏に同行してしまったカメラマン。今回は妻の冷たい視線をよそにユーラシア横断。紀行、ポートレート、料理、風景など幅広く撮影。

(更新日:2011年08月25日)
バックナンバー

関連ページ

ご意見・ご感想はこちら
どらくアンケート

どらく編集部では、
皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。