朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

地球発

クリックディープ旅

Vol.19 カスカイス

スペインのイルンを発車した夜行列車は、ホテルのように快適だった。そして翌朝、ポルトガルに入国。昼前にリスボンに到着した。

ユーラシア大陸最西端の駅。それはリスボンではない。

そこから西に電車で少し揺られた先にあるカスカイスという駅だった。2万キロを超える列車の旅を考えれば、残りは短い。リスボンの街から乗った電車は、僕らの思いなど関係なく、淡々と西に向かって進んでいった。リスボンの郊外電車の趣である。大学生らしき若者や、買い物帰りの主婦が次々に乗ってくる。

「旅も終わりだ」と、なにかカウントダウンのような心境で乗り込んだのだが、あまりに平凡な日々を乗せた電車に、落としどころがみつからず、やっぱり窓の外をぼんやり見つめていた。

photo03

前へ 次へ

リスボンは坂の街だ。街を歩いていると、ケーブルカーに出会った。2万キロも列車に乗って、また乗り物? でもなんだか楽しそうだったので、乗ってしまいました。短い急な坂道を登り、そして下る小さな車両。乗っているのは観光客ばかりだった。

※写真は2010年10月27日〜28日の取材で撮影したものです
※各国の現在の情勢については、外務省の海外安全ホームページなどでご確認ください

プロフィル

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「『格安エアライン』で個人旅行が変わる!」(講談社+α新書)、「鈍行列車のアジア旅」(双葉文庫)、「『生き場』を探す日本人」(平凡社)。

  • クリックディープ旅・ユーラシア大陸列車大横断編が
    新潮文庫から11月1日発売!

阿部稔哉(あべ・としや)

1965年生まれ。富士山のてっぺんからアフガニスタン一周まで下川 氏に同行してしまったカメラマン。今回は妻の冷たい視線をよそにユーラシア横断。紀行、ポートレート、料理、風景など幅広く撮影。

(更新日:2011年10月28日)
バックナンバー

関連ページ

ご意見・ご感想はこちら
どらくアンケート

どらく編集部では、
皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。