朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

  • 情報ファイルトップへ
情報ファイル

2008年10月10日

国連デー 2008



写真
国連デー2008ロゴ

「国連デー」は、1945年10月24日に国連憲章が発効したことを記念して設けられた国連の記念日です。東京渋谷の国連大学では、今年も数多くのイベントが予定されており、屋外でも、子供から大人まで全ての年齢層を対象とした参加型のイベントをご用意しています。

今年の国連デーは「気候変動〜私たちにできること〜」(英文タイトル Climate Change:What We Can Do)と題し、ひとりでも多くの方々に、気候変動について、また国連が取り組む気候変動への活動について知っていただくことをめざします。潘基文(パン・ギムン)事務総長は、「気候変動の問題は少なくとも戦争の被害に匹敵するほど大きい」と表現しています。温暖化の問題は、今や安全保障の問題として位置付けられているのです。

例年行われている、テーマに沿った講演およびパネルディスカッションに加え、今年は、国連大学の敷地内の屋外に、国連の活動を知ることのできるブースを設置します。そのほか、子供たちが遊びながら気候変動のことを学ぶショーやクイズも用意します。

イベントはすべて無料です。国際会議場内でのプログラム参加のみ、オンラインにて事前の登録が必要です。



国連デー 公式サイト

■ウ・タント国際会議場(3階)

国連デー2008 シンポジウム(要事前登録)

13:00
開会

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長およびコンラッド・オスターヴァルダー国連大学学長からのメッセージ

13:20-13:50
基調講演 1

井田徹治 共同通信編集局科学部 記者

13:50-14:20
基調講演2

山本幸子 ILOアジア太平洋総局長

14:20-14:30

休憩

14:30-16:00

パネルディスカッション「気候変動と国連の活動」

17:00-

レセプション(2F レセプションルーム)
(16:30開場)

※パネルディスカッション「気候変動と国連の活動」概要
パネリスト

・村田俊一
国連開発計画(UNDP)駐日代表

・ヨハン・セルス
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日代表

・ジュスタシオ・モレノ・ラピタン
WHO神戸センター 都市化と健康危機管理プログラム テクニカル・オフィサー

・エディス・グレース・センパラ
世界銀行 国際業務局長 [予定]

・武内和彦
国連大学副学長

司会

末吉竹二郎
国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問

■UNハウス前庭
イベントプログラム

国連機関紹介ブース
・国連食糧農業機関(FAO)
・国連地域開発センター(UNCRD)
・国連開発計画(UNDP)
・国連人口基金(UNFPA)
・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
・国連児童基金(UNICEF)
・国連工業開発機関(UNIDO)
・国連大学(UNU)
・国連ボランティア計画(UNV)
・WFP 国連世界食糧計画(WFP)
・世界銀行(World Bank)

■パートナー・ブース
展示内容

・国際協力機構(JICA)
グローバル・スポーツ・アライアンス スポーツグッズ回収ブース
・ユニクロ リサイクル品回収ブース
・朝日新聞社
・国連大学婦人協会 (UNUWA)

※洋服およびスポーツグッズのリサイクル回収があります。捨ててしまおうと思っているスポーツ用品(靴、ラケット、グローブなど)や衣類(洗濯済みのもの)をお持ちください。スポーツ用品は国際協力機構(JICA)を通じて世界各国へ配布、スポーツをする機会を得ない子どもたちに送られます。また、衣類はエネルギー資源や繊維へとリサイクルするとともに、UNHCRやNGOを通じて難民支援や災害支援等の救援衣料としてリユースします。

■国際会議場前展示
展示内容

・国連グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク参加企業による環境への取り組み紹介
・国連機関 パンフレット配布テーブル

■プレイ・ゾーン
実施イベント
(株式会社オリエンタルランド)

・「気候変動にちなんだ内容の子ども向けのショー」(13:30、14:30、15:30実施)
・気候変動関連のグッズを作成するクラフト・コーナー

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。