朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

ライフスタイル

  • ページ1
  • ページ2
写真
まねっこしながら学んでいます

こんにちは、ドッグアドバイザーの高田由香です。

昨年10月にわが家にやってきたパピヨンとマルチーズのミックス・たるとも、早くも6カ月を迎えました。

寒さに負けることなく、よく食べ、よく遊び、よく眠り、すくすくと成長しております。 最近のたるとのブームは「まねっこ」。同居犬や保育園の先輩犬のしぐさや行動をまねすることが多くなりました。まねしながら、犬同士のルールや遊び方を日々学んでいるようです。

たるとにはお手本になる同居犬やお友達犬がたくさんいて本当に幸せです。これからも良い刺激をたくさん受けて、心も体も強い子に成長してもらいたいと思っています。

早速ですが、今月のご相談です。

ラブラドール・レトリバーの飼い主さんからのご相談です。わんちゃんを飼っていらっしゃる皆さんに、ぜひ一緒に考えていただきたいご相談を寄せていただきました。

「毎日犬と散歩をしていますが、最近、散歩マナーの基本を守っていない飼い主さんが多いように思います。「つけ」をさせずにわんちゃんに引っ張られて散歩していたり、ロングリードや伸縮式のリードでわんちゃんを自由きままにお散歩させていたり。そのような散歩方法でもしつけができているわんちゃんなら問題ないのかもしれませんが、しっかり飼い主の横について歩いているよそのわんちゃんや通行人に向かってきて吠(ほ)えたり噛(か)みかかってきたりすることもあります。また、ふんを拾っている飼い主さんは多いですが、尿に水をかけている方はほとんどいらっしゃいません。

わんちゃんを飼う方が増えているので問題が目立つようになったのかもしれませんが、良い環境にするためには最低限のマナーは守らなくてはいけない気がしております。飼い主さんにマナーを守ってもらう方法は無いのでしょうか?」

最近は集合住宅でもペット飼育が可能になり、わんちゃんの飼育頭数は全国的にぐんと増えています。多種多様な犬種が人と一緒に暮らすようになり、楽しくて心豊かな生活を送れるようになった反面、ペットを巡るトラブルが増えてきていることも事実です。

いま一度、お散歩のマナー、わんちゃんが人と一緒に幸せにくらしていけるための飼い主さんの心構えについて考えてみたいと思います。

次のページへ
バックナンバー

関連ページ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。