朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホーム設定

Special Contents ひと

  • インタビュー
  • フロントランナー
  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

記事を印刷

マネー

  • バックナンバー

気になるいくら?

第7回 テーマ:学び(前編)「どらく世代」は学びたい盛り?  中高年の学び事情<大学・大学院>

  • ページ1
  • ページ2
イメージ写真
若い世代、留学生、社会人に、シニアという概念が新たに加わることで、大学のユニバーサル化は今後ますます進んでいくことが予想される。

全国初の「シニア大学院」とは

東京経済大学大学院の入学式(10月入学生)が9月30日行われ、55歳の大学院生が誕生した。同大学院では、全国初の試みとして「シニア大学院」制度を経済学研究科で導入し、7月に入学試験を実施。晴れて合格した1人のシニア大学院生を迎えることになった。

現在、数多くの大学・大学院に、実務経験がある社会人を対象にした社会人入試制度がある。しかし、学力試験の内容や入学後の勉強ペースが忙しいこと、さらに、学費面のハードルがあり、特に中高年以上にとっては「大学院は敷居が高い存在」になっている。

今回の東京経済大学の「シニア大学院」制度はこうした問題点を解消し、勉学意欲の高いシニア世代に学習機会を広く提供する試みだ。

東京経済大学「シニア大学院」制度の特徴
修業年限の弾力化通常、2年の修業年限を、入学時に申し出れば3年、4年に延長できる。
経済的負担の軽減2年分の学費総額を修業年限で除した金額を納付。修業年限が3年、4年の場合、1年あたりの学費が安くなるという仕組み。
中高年にあわせた入学選考筆記試験はなし。書類審査と出願後の課題レポート、口述試験を実施し、総合的に評価。
休学制度最長2年間休学でき、学費無料で学籍を維持できる。
東京経済大学「シニア大学院」の入学選考過程
(1)出願研究計画書等を提出
(2)課題レポート面談出願時に提出された研究計画書に応じた「課題レポート」の課題が提示される
(3)課題レポート提出※(2)の課題に対する、3000〜4000字の課題レポートを提出
(4)口述試験研究計画書と課題レポートに基づく口述試験
(5)合格発表
※現代法学研究科はなし
イメージ写真
社会人・中高年の学ぶ意欲の高まりを受けて大学側では、専門のパンフレットを制作している。

イメージ写真
東京都国分寺市にある東京経済大学。武蔵野の面影が残るキャンパスには静かでゆったりとした時間が流れる。2000年には創立100周年を迎え、100周年記念館が建てられた
(写真下)

イメージ写真
進学を考えるうえでは、事前にキャンパスの雰囲気を知っておきたいもの。見学はもちろんだが、学園祭などにも足を運んでみるといいだろう。

同大学学務部長の永山和彦さんは、シニア大学院制度創設の背景を次のように語る。

「本学では、2002年に『シニア研究生』制度を設けました。年限は半年か1年、授業料は正規の大学院の半額程度で、論文指導のほか、学内の施設を正規の大学院生と同じように利用できるというものです。入学生は現在まで14人を数えます。この4年間の成果を検討した結果、『シニアの大学院生を受け入れてもよいのではないか』となったわけです」

シニア研究生の例として、若い頃から愛読している『国富論』の研究に没頭し、論文に結晶させた人、北海道から大学近く(東京都国分寺市)に移り住み、経営学を研究した人などがいるという。勉強の目的が明確なうえ、学費は自分持ちであることなどから、総じて勤勉で活き活きとしており、講師からもレベルの高さを賞賛する声が相次いでいるという。いうなれば、シニア研究生によって大学の知的環境が活性化した、というわけだ。

同大学におけるシニアを対象にした2つの制度、その選択の基準について、永山さんは「何よりも、学ぶ目的を明確にすること。特定のテーマについて深く学ぶなら『シニア研究生』、より幅広く深い学識を求めるなら『シニア大学院』といえるでしょう。ともに講師1人に対して学生2〜3人という環境ですから、学問を究めるには好適な環境です。とはいえ、大学院は修士論文を含めて36単位の修得が修了条件。ほぼ毎日大学に通うことになるので、さまざまな制約をクリアすることが必要です」とアドバイスしてくれた。

東京経済大学「シニア大学院」では、前述の「経済学研究科」に加え、「経営学研究科」「コミュニケーション学研究科」「現代法学研究科」の計4研究科で2007年4月入学生を募集する。詳しい内容は、ホームページ等で確認するか、大学に問い合わせてみるといいだろう。

「シニア研究生」と「シニア大学院」の比較
シニア研究生項目シニア大学院
論文指導のみ研究形態単位取得が前提
半年単位で更新
(継続して通算3年まで)
修了年限2年
(入学時に申請すれば3年、4年に延長可)
なし学位あり
半年:18万円
1年:36万円
学費(年額)
(2006年度実績)
75万円
次のページへ
画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。