朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

マネー

竹川美奈子のシンプルマネー学

Vol.4
黒字額アップに必要なのは「支出コントロール力」

  • ページ1
  • ページ2

ここで、計算上の収支と現実の収支が合っていないと正しい対策が立てられません。そこで、「(1)手取り収入」→「(2)支出」→「(3)収支」という順番で記入するのではなく、以下の順番で考えていきましょう。

(1)手取り収入を記入

(2)年間貯蓄額(投資額を含む)を収支の欄に記入

(3)手取り収入の合計額から年間貯蓄額(投資額を含む)を差し引いた金額を支出合計の欄に記入する

この(3)の金額が1年間の総支出になります。そこから、何にお金を使ったのか、「お金の行き先」を探していったほうが支出は把握しやすいはずです。


<図2 お金の行き先を探そう>




では、お金の行き先を探していきましょう。

(1)一時的支出を把握
この1年間で、たまたま発生した一時的な支出がありましたか? 例えば、数年ぶりに行った海外旅行や壊れた家電製品の買い替えなど、たまたま生じた一時的な支出はあったでしょうか。
 
(2)大型支出を把握する
続いて、「住居費」「車関連費」「教育費」「保険料」という4つの大型支出を把握しましょう。この4つは預金通帳や支払明細など、「いくら払っているか」という証拠が残りやすいものなので、正確な数値がつかめるはずです。
 
(3)生活費を把握する
総支出から一時支出と大型支出を差し引いた金額がふだんの生活で使っているお金です。そこから最低限生活していけるだけのお金(基礎生活費=食費や公共料金、こづかい、雑費など)を割り出し、残ったお金がその他支出(交際費やレジャー関連費など)ということになります。

さて、このように分解して考えていくと、どこに問題があるのかがわかってきます。(1)突発的な支出があって厳しいだけなのか、(2)大型支出が多いからなのか、そのなかでもどの支出が過大なのか。それとも(3)ふだんの生活で使うお金が多いからか――ということです。

(2)が原因の場合には保険など大型支出の見直しなどが必要でしょうし、(3)の場合には、そもそも基礎生活費が高くなってしまっているのか、それとも、「その他支出」に含まれる使途不明金(何に使っているのかよくわからないお金)が多いからなのかなどを検証する必要があります。使途不明金が多い場合には、さらに原因究明は必要です。まったくわからない場合には、レシートをすべて取っておくなどして、何にお金使っているのかをざっくりとでも把握できるようにしましょう。さまざまなリスクに備える上でも、定年後を見据える上でも、「1カ月にどれくらいのお金があれば暮らしていけるのか」は押さえておく必要があります。

竹川美奈子(たけかわ・みなこ)

ファイナンシャル・ジャーナリスト、じぶん年金研究所主任研究員。出版社勤務などを経て独立。99年ファイナンシャルプランナー資格取得。現在は新聞や雑誌などを中心に執筆活動を行う一方、投資信託やETF(上場投信)、確定拠出年金セミナーなどの講師を務める。著書に「投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方」「たりないお金」(ダイヤモンド社)など。

(更新日:2009年10月23日)

前のページへ
バックナンバー

関連ページ

  • 家計と資産見直し術
    家計と資産見直し術
    ファイナンシャルプランナー藤川太さんが語る使い方、ため方、増やし方
  • 賢いお金の知恵
    賢いお金の知恵
    知っていると得をする。知らないと損をする。そんなお金の話をわかりやすく解説。

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox1.5以上、Macintosh Safari 1.3以上、Firefox1.5以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。